Wednesday, September 01, 2010

20100901:シャンク病

水曜日。no残業デーなので、定時上がり。
帰宅後、メタボ対策ですずかけGGで「いい汗かいて、ダイエット」。

昨日に引き続きシャンクが止まらない。
シャンクとは、インパクトでボールがクラブのネックに当たり、右方向にボールが飛んでゆく現象である。

シャンクの原因としては、
①極端なアウトサイドインの軌道によるもの。
②インサイドアウト軌道で左わきが開き、グリップの位置が前に出て、フェースが大きく開き、 つけ根に当たる。
の2パターンが考えられるようである。

自分の場合、②に該当すると思う。

インターネットで調べたら、②に対応策が掲載されていた。
○矯正法
アドレスで左ひじを体の中に入れ左わきを締めたままで振る。 左ひじを左腹につけたままストレートにバックし、ダウンは、グリップを体に引きつけるようにして振ります。カットに打つ感覚にします。
ショートアイアンの100ヤード以内のアプローチでよく出るシャンクは、ほとんど②が原因です。その場合は、両ひじを体につけたまま、 両わきを開けずにスイングしてください。
距離は多少落ちますが、両ひじを体から離さずに振れば、シャンクは防げます。シャンクは ラウンド中、突然出て、出たすと連発するミスシヨットです。

確かに、右ひじが開いているような気がする。
あと、フォローを大きく取ろうとする意識が強すぎて、左手がインパクトで流れてしまっているようである。

練習後半で、シャンクがでない打ち方を自分なりに発見。。ひとつ進化。

ドライバーは、ここ数日のいい汗かこう夜練で、かなりいい感じに仕上がってきた。
6日の海彦・山彦ゴルフコンペが楽しみである。ドラコン奪取の予感です。

グロービスDAY5の課題に着手中。
今回は、ワールドコムの粉飾決算である。
ケースで、財務諸表が掲載されていない。会計とも深い関係にあるコンプライアンスがテーマである。
ケースを読み込むが、登場する人物の相関関係がグシャグシャになる。
ケースを読み込んで、登場人物になりきって考えてみるしかない。
なぜ、粉飾決算に走ったのか。動機はなにか。

なぜの5回が必要である。

No comments:

Post a Comment