Friday, March 11, 2011

20110311:すごい地震だった

3月11日(金曜日)、午前中は中野坂上のお客様を訪問して打ち合わせ後、帰社して2件の打ち合わせ。
ちょっと休息で、たばこ部屋に。一服して席に戻ろうとしたら、皆が大騒ぎをしている。
地震ですよと。。歩いている自分はまったく揺れを感じていなかった。
ヨットをやっていたせいなのか、三半規管が麻痺しているのかもしれない。
少々の揺れを感じ無くなっていると思ったのもつかの間、ドカンと大きな揺れ。
自分のオフィスが免震構造になっているためなのか、ゆったりとした周期で大きく揺れ動く。
これが今までに経験のない揺れである。窓際に行って外を確認すると、首都高速の車が徐行しだしたかと思ったら、その後、停止。。
首都高速の街路灯が、グルングルンとブーメランのように回っている。。

その後、しばらくの間余震が継続して、オフィスは大混乱。仕事どころでなくなってしまった。
ただ、今日までに約束していた資料の作成があるので、地震が起きても、資料作成に集中。
途中、オフィスの天井が落ちてくる。非常に危険な状態。
大きな揺れが発生したら、机の下にもぐり、作成している資料についての考えを張り巡らせる。

結局、地震により、お客様側が帰宅命令が出たようで、資料の送付は明日以降に。
よかったのか、どうか。
データセンターで作業をしているSEより無事のメールも届く。
最近のデータセンターは免震構造で、建物の下にゴムが敷いてあり、また、地面と離れた状態を作り出しているため、揺れ方が船に乗っているような感じのようである。
そのような内容のメールがデータセンターに入館しているSEから届く。
どうも船酔い状態になって、作業どころでなくなってしまっていることがヒシヒシと伝わってくる内容。
ただ、突貫工事の受注を受けているので、弱音は禁物。船酔いしてもビシビシとコマンド打って仕事しなければ、間に合わない状態。

20時ごろやっと資料の作成が終了したが、多摩川OUTに住んでいる自分としては、帰宅難民となってしまったので、H間さんを誘い食事に。。
なぜか、ビルの下のお店は、大盛況。。
日本海庄やで御苦労さんの一杯。
一杯やったあと、コンビニによったが、棚から見事なくらい商品がなくなっている。

山手線、京浜東北線ともストップ状態なので、オフィスで待機。。
いつになったら帰宅できるか、判断が微妙なところである。

明日予定していた今年初のゴルフは、とりあえず、中止(延期)。
K池さん、束Tさん、O崎さんにメールすると、みなさん無事の返事をいただく。
O崎さん、市ヶ谷から五反田まで徒歩で帰宅した模様。
K池さんは、上越新幹線でトンネル内で閉じ込められ、その後、レンタカーを借りたが高速が閉鎖されていて、あきらめてビジネスホテル泊となったとのこと。
束Tさん、車で銀座にいたが、駐車場から出庫できなくなったとのこと。

みなさん無事で何より。。

自宅のほうは、特に被害もなく無事であったことを確認。

インターネットで「東北地方太平洋沖地震」の事実が刻々とわかってくる。
とにかく、自然の威力をまざまざと見せつけられたという思いでいっぱい。
自然の前では、人間なんてちっぽけな存在でしかないのかもしれない。

No comments:

Post a Comment