2/04/2011

20110204:今年初の恵比寿虎の穴2Mへ

定時に退社して、恵比寿2Mゴルフへ。。
今年初のレッスンに臨む。
18時過ぎに恵比寿に到着して、2Mに入ると誰もいない。
マンツーマンでのレッスンかと心する。
2Mゴルフ、打席が3つあるのだが、混んでいるときは待ちも発生する。
特に予約もせずに、みな、ふらりと来るようである。
本日は、結局、最後まで自分ひとり。
K嶋先生のオヤジギャグを聞かされながらのレッスンであった。

ピッチエンドランで24球。
体が硬いということで、ドライバーで体をほぐす練習に移行。
野球グリップで左右のグリップを離して持ち、24球。
右手が悪させず、左手を支点にきれいにヘッドが抜けるイメージをつかめる。
この打ち方であれば、バックスイングも大きくできず、コンパクトに振りぬくことができ、球がつかまり、ドロー系のボールになる。
このイメージを大切に、今度は、野球グリップ、普通のグリップで交互に24球・。。

マンツーマンでのレッスンでセンセイの厳しい指摘が飛ぶ。。
まさに虎の穴である。

その後、シャンク矯正メニューへ。
56度(SW)でボールへ思い切り近づき、アドレス。
アドレスで、ヘッドがボールの先にある極端な形。
これが不思議とシャンクがでない。
普通、シャンクが出ると、ボールから離れてしまうが、先生曰く、逆のようである。
シャンクの原因は、ボールを打ちに行く際に、右足が前に出てくることのようである。

如何に動かないかが重要のようである。

虎の穴のマンツーマンレッスン、非常に勉強になった。

帰り際に、最低でも月に1回は来ますと先生に話すと、だから駄目なんだと怒られる。
最低でも週に1回は来ないといけないようである。

それにしても、厳しい練習の後の充実感があった1日であった。

次回のラウンドでナイスショットの連発がイメージできてきた。

No comments:

Post a Comment