3/24/2011

20110324:久しぶりに更新開始

3月11日14:46に発生した「東北関東大震災」により、一時的にブログの更新を休ませていただいておりました。
ブログを書く気分にならなかったというのが本音です。
自然の前に人間のなすすべのなさを改めて痛感させらる出来事。
新聞やテレビで千年に一度の大災害との報道がされていますが、千年に一度という確立の問題よりも、自分が生きているときにこのような大災害を目の当たりにしたこと。
自然災害というものがいつ起きてもおかしくないような気がしています。
地震、津波の自然災害の後に、福島原発の問題。
日ごろ、便利さを享受させていただいている身としては、原発反対とかよりも、自体の沈静化に日々活躍されている自衛隊や消防・警察の方に頭が下がるばかりです。
このような時に原発の是非を議論する前に、まずは、皆が落ち着いて行動することが重要と考えます。
東京都下の飲料水に放射性物質が検知され、水の買占め騒動がおきましたが、東北で被災されて、いまだに身内の安否もわからず、避難所で不便な生活されている方々のことを思えば、マスコミの報道に右往左往することもなく、冷静に行動できると思うのですが。。

大津波や大地震による災害を初め, 自然による驚異は, 何時, 何処にでも起り得ると思う。
また、今回のように自然災害からの二次災害である原発災害。
それらの災害に直面したときに、如何に冷静に行動できるか、また、正しい判断を下せるか。。。
冷静に行動して、正しい判断を下すためにも、自分や家族・仲間を思いやる気持ちを忘れずにいることが大切であると思う。
震災後の買占めの行動などを見ていると、自己中心的な考えの方があまりに多すぎるのではと感じてしまう。

ガソリンがなければ、車に乗らなければいいだけ出し。。
有事の際に、本当に必要な最低限なものを認識して、今までと同じ生活でなく、平時とは異なる生活パターンを受け入れるだけの余裕を持って生きたいものである。

話は変わるが、民放テレビ各社のCM自粛からか、公共広告により啓発活動を行う社団法人ACジャパン(旧公共広告機構)のCMが大量に放送されている。
最近は、CMの最後の「エーシー・・・」の部分が無音かされているが。。
いくつかのCMがあるが、0歳時の娘が気に入っているCMがある。
「あいさつの魔法」というタイトルの曲が流れるCMで、15秒バージョンと1分バージョンの2種類がある。
このCMが流れると、0歳時の娘が反応するのが楽しい。
仁科明子のCMは、この災害時にちょっとと思うが、このあいさつのCMは、人々を明るくしてくれてなかなか良いと思う。

No comments:

Post a Comment