3/12/2011

20110312:SNSの威力を痛感

今回の地震で感じたのが、電話は輻輳してほとんどつながらない状態。
そんな中で、自分がスマートフォンで日ごろ使用している(勉強中状態)のTwitter、Facebook、foursquareの3つのサービスが大活躍。
まず、自宅の家族の安否や、友人の安否に関して、この3つのサービスが、レガシーなコミュニケーション手段の固定電話や携帯電話よりも優れていることが実証された。
3つのサービスは、いずれも米国発のサービスなので、どこにサーバーがあるのかは不明であるが、それが幸いしてか、日ごろと変わらない反応速度で、次々と情報を入手することが可能であった。
特にTwitterは、短いつぶやきで無事であることがわかるだけでも、安否確認としての新たな機能が発見されたような気がした。
foursquareは、位置情報をもとにしたSNSであるが、これが居場所を伝える上でも非常に便利であることも判明。本来の使い方ではないのかもしれないが。。
まだまだ、この手のサービスになじんでいない方も多いと思うが、自分としては、是非、お勧めのサービスと思う。
ハードルとしては、便利に利用しようとするとスマートフォンが必要になることか。

No comments:

Post a Comment