9/17/2012

20120917:通信費見直し


9月の上旬にGalaxy noteのOSをAndroid2.3.6からAndorid4.0へアップグレードしてから1日に3回はフリーズする状態にハマっている。
本来なら、Andorid4.0にして、サクサクと動くことを期待していたのだが意に反して悪い方向に。
何が原因なのかわからず、とりあえずインストールしているアプリを削除してみても状態は変わらず、
電話しようとしてアドレス帳をオープンするとそこでフリーズなんてこともある。
これでは、そもそも基本である電話にも支障をきたす状態。
9月12日にAppleのiPhone5が発表になり、この際Andoridというかdocomoを見限ってAUもしくはSoftBankに乗り換えも検討かと思い、ここ数日悶々と考えていた。

本日、成瀬のAUショップへ。
iPhone5の展示はないが、iPhone4sを触ってみて、ヌルヌルとする感じが非常にgood。
やっぱり、世の中をここまで騒がせているiPhoneを一度は使ってみたい気になる。

店員の方に、いろいろと相談。
iPhone5というよりも、スマートバリューというプランに驚き。
自宅のインターネットは、現在NTT東のフレッツ+ひかり電話を利用しているが、これをAUの光に変えると、スマフォとのセット割であるスマートバリューという割引が適用される。
これは、月々1,480円を割り引くもの。
非常に魅力的。

更に突っ込んでいろいろと確認するが現在支払っている通信費がかなり安くなる。具体的には月額で3,000円近く安くなる模様。
結局、1時間以上話をして、来週の週末にまた訪問することに。

心はほとんどNTTからKDDIへの乗り換えに動いていた。

自宅の固定と携帯の通信費の家計に占める割合が増加傾向にある中、KDDIの固定と携帯を融合した割引は非常に魅力的に写った。
ただ、NTT東とdocomoに友人が多数いるので、後ろめたい気分があるのも確かであるが、この価格は非常に魅力的。
KDDIが復活してきたのもわかるような気がした。


1 comment:

  1. 家計における通信費の占める割合は大きいですよね。
    しかしこれから日本の通信はどうなるのでしょうか?

    ReplyDelete