5/07/2011

20110507:伊勢丹写真館&家族会食










明日の学連ヨットOBコンペに備え、早朝練習のために、すずかけゴルフガーデンに。
ドライバーを中心に練習。
いろいろなことを気にし過ぎて、おかしくなっているようなので、今回は、オーバースイングと体のブレに注意して、120球を打ち込む。。
左の壁が崩れると、こすり球が出る。
体の正面でインパクト迎えることの重要性を認識。ただ、あまりインパクトを意識しすぎると、今度は、体が止まって、手打ちになり、チーピンになる。
ゴルフは難しい。。
明日は、大丈夫か不安。このところ、100切りもできなくないので、明日の目標は、100キリとする。


午後は、妻の両親、妻の弟夫婦の7名で、伊勢丹写真館で家族写真の撮影。
POLO号で新宿伊勢丹まで出動。。
東名高速、首都高速ともガラガラで自宅から40分程度で到着。。
いつもこのぐらい空いていると高速道路の名前にふさわしいのであるが。。

伊勢丹写真館での写真撮影、これで2回目。
昨年10月に相模原伊勢丹で、こどもの写真撮影を行って以来。
前回は、大泣きをされて大変であったが、流石にプロカメラマンは泣き止んだ一瞬を捕らえて、撮影する。
今回も、撮影前半まではよかったのだが、フラッシュが何回もたかれると次第に表情が険しくなり、6枚目以降からは、泣き顔に。。
前半の数枚からピックアップしていただくことにした。。

撮影後、家族でのディナー。。
昨年は、ブログを確認すると、麻布十番の三幸園での焼肉であったことがわかる。
今年は、中華。。
弟夫婦の予約にて、代々木上原にある四川料理「老四川飄香(ラオシセンピャオシャン)」に行く。

老四川飄香(ラオシセンピャオシャン) http://www.piao-xiang.com/

井の頭通り沿いのビルの地下にある。
四川料理。四川料理といえば、赤で辛いイメージですが、ここのお店の四川料理は、適度に辛い感じで、胃にやさしいものでした。
量は少なめで、中華料理のどっさりみんなで大皿を囲んでというイメージではありませんでした。

ゆったりとした時間の中で、楽しい会食を満喫。。

No comments:

Post a Comment