5/10/2010

0510:『負けてたまるか! 若者のための仕事論』を読んで

先日の恵比寿から渋谷まで散歩した際に立ち寄った渋谷の「山下書店」で購入した
『負けてたまるか! 若者のための仕事論(朝日新聞出版)』
を一気読み。。。

4時間ほどで読破。。
非常にわかり易い内容で書かれていて、メッセージが伝わる。
非常に共感を受ける。。
著者は、元伊藤忠商事社長の丹羽宇一郎さん。。
内容は、20代、30代の若手に向けて語る「仕事論」である。
「人は仕事で磨かれ、読書で磨かれ、人で磨かれる」という内容に、自分自身反省しきり。。
メッセージは、20代、30代の若手に向けてであるが、40代の自分にも十分響く内容である。

読書が重要とキーワードで、丹羽さんが読書でゴルフのシングルプレイヤーになったこと。
ひとつの例ではあるが、なんとなくわかるような気がする。
要は、自分で汗を書いて、想像力をふくらませ、考えることが重要であると思う。

キーワードがいくつも出てきたので、また、読み返してみて、キーワードだけこのブログでメモをすることにします。

No comments:

Post a Comment