5/25/2010

20100525:山あり谷あり

天気は日曜日からの雨もやみ、本日は快晴。。
外は天気なのに、1日オフィスで打ち合わせの連続。。
5月仕込み月間の最終週。ある程度の目処を立てたいと気持ちに焦りが出る。
焦りはよくない。。
ゴルフでもトラブルショットのあとの気持ち焦りから、ドツボにはまるケースがあるが、ビジネスも同様。。
リカバリーをいかに冷静行えるかで、結果が変わってくる。
枯れたゴルフと同様、仕事もパーオン狙いでなく、ボギーOKでヒットを量産してくことを心がける。

自動車税の納期限が5月31日であったことを思い出す。
なぜか、今年から自動車税が高くなっている。。
昨年までは、51,000円だったものが、56,100円となっている。
自動車税納税通知書の備考欄に、「ガソリン・LPG車新車新規登録13年超」とある。
同封されていた「自動車税Q&A」を読むと、記載がある。

==============================================
Q5 昨年にくらべて自動車税が高くなった!
A 自動車税が昨年にくらべて高くなった場合、次のいずれかの場合が考えられます。
①平成20年度に新車新規登録し、平成21年度に軽減税率の適用を受けていた自動車については、軽減期間は1年間に限るため、今年度から本来の税率となっております。
②平成22年4月1日現在、ガソリン・LPG車で新車新規登録後13年(*1)を経過、または、ディーゼル車で10年を経過(*2)した自動車については、おおむね1割増の税額となっております。
(*1)新車新規登録年月が平成9年3月以前の自動車
(*2)新車新規登録年月が平成12年3月以前の自動車
==============================================

②に該当しているようである。
自分の車は、新車登録が1994年である。
でも、そうしたら、昨年から高くなっていなければおかしい。
この制度が最近できたかどうかまでは調べていないが、個人的にはエコに反しているような気がする。
古い車が本当に環境負荷が高いのか。。
古い車を大事に乗ることのほうが、環境には優しいのではないか

どうもこの税制、自動車産業の圧力で新車販売を促進する意味での制度に思えてならない。。

外国でも同様なのかは調べてみる価値がありそうである。。。

No comments:

Post a Comment